葬儀での喪主のマナー

もし葬儀で喪主になったら

葬儀での喪主のマナーについて

お葬式の喪主とは、葬儀の主催者の事で、故人との血縁関係が深い人がなります。世話役の人が準備等はしてくれますが、それを確認し頭に入れなければなりません。また、出棺時のお礼の挨拶をする必要があります。内容としては参列へのお礼、生前のお世話になったこと、今後の遺族の支援などです。あまり長い文章でなく、参列者への感謝の気持ちを簡潔に伝えるのがよいです。また、主催者として参列者のどの方にも同じように接することが大切です。家族の死は辛いことですが、悲しみに潰されることなく、しっかりと葬儀を取り仕切る事が喪主としてのマナーなのです。

喪主の服装のマナーとは

葬儀の際には喪主が守るべきマナーは幾つかありますが、その中でも服装のマナーがあります。遺族もお通夜が始まるまでは平服でも良いとされていますが、葬儀が始まったら喪服に着替える必要があります。喪服を所持していない場合にはレンタルする必要があります。女性の場合には和装でも洋装でも良いとされています。女性の場合にはアクセサリーを好んでいる人がいますが、告別式の際には外しておく方が良いです。イヤリングやネックレスはつけていても問題ありません。男性はブラックスーツがほとんどでシングルでもダブルでも良いとされています。

葬儀のための情報

新着情報

↑PAGE TOP